Homepage von Masahiko Ozono
Japanisch  |  Deutsch  

人文社会科学部から駿河湾を望む

大薗正彦 (おおぞの まさひこ)          
[略歴]

静岡大学  人文社会科学部  言語文化学科  (ドイツ言語文化研究室

研究分野: ドイツ語学・言語学 (意味論,認知言語学,日独対照言語学)


連絡先
〒422-8529
静岡市駿河区大谷836
静岡大学人文社会科学部

研究室: 人文A棟423室  [位置]
Tel: 054-238-4227
メール: ozono.masahiko [at] shizuoka.ac.jp
オフィスアワー:  授業期間: 金曜12:00-12:45
休業期間: メールでアポイントをとってください。


論文など
  • 'Subjektivität und Intersubjektivität bei der Raumauffassung. Ein deutsch-japanischer Kontrast'. In: Akio Ogawa (Hg.): Raumerfassung. Deutsch im Kontrast. Tübingen: Stauffenburg, 77-87. 2017. [原稿]
  • 'Ein Vergleich räumlicher Ausdrücke. Was sich hinter Verschiedenheit versteckt'. In: Akio Ogawa (Hg.): Wie gleich ist, was man vergleicht? Ein interdisziplinäres Symposium zu Humanwissenschaften Ost und West. Tübingen: Stauffenburg, 263-271. 2016. [原稿]
  • 「構文の適用可能性――日独語の好まれる事態把握との関連において」 『Sprachwissenschat Kyoto』 15, 1-22. 2016. [原稿]
  • 「間主観性と空間把握」 宮下博幸(編) 『ドイツ語と日本語に現れる空間把握――認知と類型の関係を問う』 (日本独文学会研究叢書112) 51-65. 2016. [原稿]
  • 「日本人学習者のための,頻度に基づくドイツ語基本単語5000――概要,検証,展望」 『人文論集』 (静岡大学人文社会科学部) 66 (1), 117-135. 2015. [PDF]
  • '"Sprachwissenschaft des Tuns und des Werdens" in ihrer heutigen Dimension'. In: Japanische Gesellschaft für Germanistik (Hg.): Translation und deutsch-japanische kontrastive Grammatik. München: Iudicium, 35-48. 2015. [原稿]
  • 「ドイツ語基本語彙リストの比較」 『ドイツ文学論集』 (日本独文学会中国四国支部) 47, 47-61. 2014. [PDF]
  • 「基本語彙と頻度――実践と課題」 恒川元行/大薗正彦(編) 『コーパス利用に基づくドイツ語研究――幅広いデータ収集と頻度から見直す』 (日本独文学会研究叢書98) 49-64, 2014. [原稿]
  • 'Intersubjektivität im deutsch-japanischen Kontrast. Perspektivische Interaktion zwischen Sprecher und Hörer'. In: Japanische Gesellschaft für Germanistik (Hg.): Beiträge zur deutschen Sprachwissenschaft. München: Iudicium, 88-102. 2013. [原稿]
  • 「翻訳と聞き手・読み手の視点――共同注意を軸とした日独語対照研究」 竹内義晴(編) 『翻訳という問題から見えてくる言語,文化,人間』 (日本独文学会研究叢書85) 40-56. 2012. [原稿]
  • 「コーパスとドイツ語教育――日本人のための「自然なドイツ語」の提供を目指して」 田中愼(編) 『コーパスをめぐって――心理・知覚表現の分析』 (日本独文学会研究叢書67) 41-56. 2009. [原稿]
  • 'Subjektive und Objektive Auffassung. Zwei Raumauffassungsweisen in kontrastiver Sicht'. Neue Beiträge zur Germanistik 7 (1), 75-90. 2008. [原稿]
  • 'Wahrnehmung und sprachliche Ausdrücke. Subjektive Auffassung im Deutschen'. 『島根大学外国語教育センタージャーナル』 3, 81-95. 2008. [PDF]
  • 「もう一つの受動態?――bekommen受動」 三瓶裕文/成田節(編) 『ドイツ語を考える――ことばについての小論集』 三修社, 129-137. 2008.
  • 「ドイツ語における主観性の諸相」 『日本認知言語学会論文集』 6, 524-527. 2006.
  • 「「好まれる言い回し」とドイツ語教育――モノ,コト,トコロの把握に見る「ドイツ語らしさ」」 『ドイツ文学論集』 (日本独文学会中国四国支部) 38, 1-11. 2005.
  • 「新正書法についての批判的コメント――言語学および語学教育の観点から」 『ドイツ語教育』 10, 67-72. 2005. [原稿]
  • 'Das bekommen-Passiv aus japanischer Sicht. Semantische Funktion und Motivation zur Anwendung'. In: Takashi Narita /Akio Ogawa/Toshiaki Oya (Hg.): Deutsch aus ferner Nähe. Japanische Einblicke in eine fremde Sprache. Festschrift für Susumu Zaima zum 60. Geburtstag. Tübingen: Stauffenburg, 57-77. 2005. [原稿]
  • 'Mono, koto und tokoro. Über die bevorzugte Auffassungsweise des Deutschen und Japanischen'. Veröffentlichungen des Japanisch-Deutschen Zentrums Berlin 51, 23-31. 2004.
  • 'Subjektive und objektive Auffassung eines Sachverhalts am Beispiel von Ausdrücken zur Sinneswahrnehmung'. Neue Beiträge zur Germanistik 2 (2), 91-100. 2003.
  • 'Sensationsschema und Aktionsschema – aus kontrastiver Sicht'. Neue Beiträge zur Germanistik 2 (1), 68-79. 2003. [原稿]
  • 「ドイツ語のbekommen構文――「物の受容」から「行為の受容」へ」 『日本認知言語学会論文集』 2, 259-262. 2002.
  • 「コーパスによるbekommen受動分析」 井口靖(編) 『コーパスによる構文分析の可能性』 (日本独文学会研究叢書9) 47-59. 2002.
  • 「ドイツ語のbekommen受動と結果構文――対照的観点から」 筑波大学現代言語学研究会(編) 『次世代の言語研究 I』 87-111. 2002.
  • 「行為と変化――ドイツ語における他動性の拡張について」 『島大言語文化』 (島根大学法文学部) 10, 67-88. 2000. [原稿]
  • 'Zur Lokativ-Subjekt-Konstruktion'. Dokumentation des 27. Linguisten-Seminars der Japanischen Gesellschaft für Germanistik 1999, 73-83. 1999.
  • 'Die deutsche voll-Konstruktion'. 『島大言語文化』 (島根大学法文学部) 7, 65-80. 1999.
  • 「bekommen構文の意味的展開とbekommen受動」 『ドイツ文学』 98, 84-95. 1997. [原稿]
  • 「bekommen受動をめぐる諸問題」 『Der Keim』 20, 61-76. 1996.
  • 'Reine Kasus und präpositionale Kasus. Eine Überlegung zu deren Kodierungsbedingungen'. 『Der Keim』 19, 33-47. 1995.
  • 「「動詞行為に伴う属性」表現についての意味論的考察」 『Der Keim』 17, 39-50. 1993.

著書など

口頭発表・講演など

  • 「心態詞の義務性をめぐって――実証的アプローチ」 (日本独文学会2016年秋季研究発表会シンポジウム 「心態詞はなぜ使われるのか?――心態詞の出現する状況と認知」 2016年10月23日,関西大学)
  • 'Perspektivische Interaktion - Ein deutsch-japanischer Vergleich'. (Siebte Internationale Konferenz der Deutschen Gesellschaft für Kognitive Linguistik: 'Cognitive Approaches to Interaction and Language Attitudes', 7.10.2016, Universität Duisburg-Essen)
  • 'Intersubjektivität am Beispiel von Modalpartikeln'. (日本独文学会第44回語学ゼミナール, 2016年8月31日, 多摩永山情報教育センター)
  • 'Intersubjektivität im Sprachvergleich'. (Japanisch-deutscher Workshop Linguistik. Die Architektur von Grammatik und Pragmatik im Japanischen und Deutschen, 22.8.2015, Ludwig-Maximilians-Universität München)
  • 「空間把握と間主観性」 (日本独文学会2015年春季研究発表会シンポジウム 「ドイツ語と日本語に現れる空間把握――認知と類型の関係を問う」 2015年5月30日,武蔵大学)
  • 「言語的主観性・間主観性と翻訳」 (翻訳文化研究会,2015年5月21日,静岡大学)
  • 「構文の適用可能性 ――日独語の好まれる事態把握との関連において」 (京都ドイツ語学研究会第86回例会,2015年5月16日,キャンパスプラザ京都)
  • 'Intersubjektivität bei der Raumwahrnehmung'. (16. Norddeutsches Linguistisches Kolloquium 2015, 28.3.2015, Leibniz Universität Hannover)
  • 「基礎語彙とドイツ語教材」 (富山大学人文学部シンポジウム 「ドイツ語教育のためのドイツ語研究」 2015年2月21日, 富山大学)
  • 'Anwendbarkeit der Konstruktion - Ein deutsch-japanischer Vergleich'. (Sechste Internationale Konferenz der Deutschen Gesellschaft für Kognitive Linguistik: 'Constructions & Cognition', 1.10.2014, Friedrich-Alexander-Universität Erlangen-Nürnberg)
  • 'Vergleiche räumlicher Ausdrücke. Was sich hinter Verschiedenheit versteckt'. (Humboldt-Kolleg Kyoto 2014: 'Wie gleich ist, was man ver-gleich-t? Ein interdisziplinäres Symposium zu Humanwissenschaften', 2014年3月2日, コープイン京都)
  • 「ドイツ語基本語彙リストの比較」 (第62回日本独文学会中国四国支部研究発表会, 2013年11月2日, 松山大学)
  • '"Sprachwissenschaft des Tuns und Werdens" in ihrer heutigen Reichweite'. (日本独文学会第41回語学ゼミナール, 2013年8月30日, コープイン京都)
  • 「基本語彙と頻度――実践と課題」 (日本独文学会2013年春季研究発表会シンポジウム 「コーパス利用に基づくドイツ語研究――幅広いデータ収集と頻度から見直す」 2013年5月25日, 東京外国語大学)
  • 「言語事実から見る共同注意とコミュニケーション」 (金沢認知科学シンポジウム2013 「ことばと認知――コミュニケーション行動の獲得と成立」 2013年3月7日, 金沢大学)
  • 「翻訳と聞き手・読み手の視点――共同注意を軸とした日独語対照研究」 (日本独文学会2011年度秋季研究発表会シンポジウム 「翻訳という問題から見えてくる言語,文化,人間」 2011年10月15日, 金沢大学) [ハンドアウト]
  • 'Intersubjektivität im deutsch-japanischen Kontrast'. (日本独文学会第39回語学ゼミナール, 2011年8月30日, コープイン京都) [ハンドアウト]
  • 「視点研究の現状と今後の方向性」 (学内研究会, 2008年12月27日, 島根大学) [ハンドアウト]
  • 「コーパスとドイツ語教育――日本人のための「自然なドイツ語」の提供を目指して」 (日本独文学会2008年秋季研究発表会シンポジウム 「コーパスをめぐって――心理・知覚表現の分析」 2008年10月13日, 岡山大学) [ハンドアウト]
  • 「認知言語学とドイツ語教育」 (第2回DAFNドイツ語研究会, 2008年2月8日, 東京外国語大学) [ハンドアウト]
  • 「Subjective Construal(主観的事態把握)と日本語・ドイツ語・英語」 (学内研究会, 2007年11月26日, 島根大学) [ハンドアウト]
  • 'Raumauffassung in kontrastiver Sicht'. (日本独文学会第35回語学ゼミナール, 2007年8月29日, コープイン京都)
  • 「ドイツ語における主観性の諸相」 (第6回日本認知言語学会ワークショップ 「主観性と文法化――テクスト言語学の可能性」 2005年9月18日, お茶の水女子大学)
  • 'Wahrnehmung und Grammatik'. (日本独文学会第33回語学ゼミナール, 2005年8月30日, 湘南国際村センター)
  • 「「好まれる言い回し」とドイツ語教育――モノ,コト,トコロの把握に見る「ドイツ語らしさ」 (第53回日本独文学会中国四国支部研究発表会シンポジウム 「ドイツ語教育における文法の再考――ドイツ語学からのアプローチ」 2004年11月6日, 広島大学)
  • 'Mono, koto und tokoro. Über die bevorzugte Auffassungsweise des Deutschen und Japanischen'. (Das 6. Deutsch-Japanische Stipendiatenseminar, 1.7.2004, Japanisch-Deutsches Zentrum Berlin)
  • 'Sensationsschema und Aktionsschema – aus typologischer Sicht'. (日本独文学会国際会議 'Germanistik und Multikulturalität in Asien', 2002年9月28日, 新潟大学)
  • 'Subjektive und objektive Auffassung eines Sachverhalts am Beispiel von Ausdrücken zur Sinneswahrnehmung'. (日本独文学会第30回語学ゼミナール, 2002年8月28日, 関西セミナーハウス)
  • 「ドイツ語のbekommen受動――「物の受容」から「行為の受容」へ」 (第2回日本認知言語学会ワークショップ 「ポリセミーと多義性――ドイツ語動詞におけるポリセミーと意味拡張」 2001年9月15日, 大阪外国語大学)
  • 「コーパスによるbekommen受動分析」 (日本独文学会2001年春季研究発表会シンポジウム 「コーパスによる構文分析の可能性」 2001年6月9日, 東京外国語大学)
  • 「ドイツ語のbekommen受動と結果構文――対照的観点から」 (筑波大学言語学バトルワークショップ 「次世代の言語研究」 2000年12月21日, 筑波大学)
  • 'Zur Lokativ-Subjekt-Konstruktion'. (日本独文学会第27回語学ゼミナール, 1999年8月26日, 関西セミナーハウス)
  • 'Zu Bildungsbedingungen des bekommen-Passivs'. (日本独文学会第25回語学ゼミナール, 1996年8月26日, 箱根セミナーハウス)

その他,エッセイなど