Japanisch | Deutsch

安倍川の向こうに静岡市街を望む
遠く日本平中腹に静岡大学が見える

大薗正彦(おおぞの まさひこ)        略歴

静岡大学  人文社会科学部  言語文化学科ドイツ言語文化
研究分野: ドイツ語学(意味論,認知言語学,日独対照言語学)

連絡先
〒422-8529
静岡市駿河区大谷836
静岡大学人文社会科学部

研究室: 人文A棟423室
Tel: 054-238-4227
メール: ozono.masahiko [at] shizuoka.ac.jp

オフィスアワー   授業期間:金曜12:00-12:45
休業期間:メールでアポイントをとってください。

論文など
Anwendbarkeit der Konstruktion. Die Resultativkonstruktion und das bekommen-Passiv. In: Hiroyuki Miyashita/Yasuhiro Fujinawa/Shin Tanaka (Hg.): Form, Struktur und Bedeutung. Festschrift für Akio Ogawa. Tübingen: Stauffenburg, 109-131. 2020. [原稿]
「コーパスによる類義語研究の可能性――ドイツ語動詞anfangenとbeginnenを例に」(共著)『静言論叢』3, 113-138. 2020. [DOI] [PDF]
「ドイツ語の基本語彙と専門語――予備的考察」(共著)『静言論叢』3, 139-153. 2020. [DOI] [PDF]
「事態把握と翻訳――認知言語学から見た逐語訳とアダプテーションの間」今野喜和人(編)『翻訳とアダプテーションの倫理――ジャンルとメディアを越えて』春風社, 135-162. 2019. [原稿]
Intersubjektivität am Beispiel von Modalpartikeln. Eine kontrastive Fallstudie aus japanischer Sicht. 『静言論叢』1, 17-31. 2018. [DOI] [PDF]
「ドイツ語の事態把握をめぐって――日独英対照の観点から」中村芳久教授退職記念論文集刊行会(編)『ことばのパースペクティヴ』開拓社, 28-40. 2018. [原稿]
Subjektivität und Intersubjektivität bei der Raumauffassung. Ein deutsch-japanischer Kontrast. In: Akio Ogawa (Hg.): Raumerfassung. Deutsch im Kontrast. Tübingen: Stauffenburg, 77-87. 2017. [原稿]
Ein Vergleich räumlicher Ausdrücke. Was sich hinter Verschiedenheit versteckt. In: Akio Ogawa (Hg.): Wie gleich ist, was man vergleicht? Ein interdisziplinäres Symposium zu Humanwissenschaften Ost und West. Tübingen: Stauffenburg, 263-271. 2016. [原稿]
「構文の適用可能性――日独語の好まれる事態把握との関連において」『Sprachwissenschaft Kyoto』15, 1-22. 2016. [原稿]
「間主観性と空間把握」宮下博幸(編)『ドイツ語と日本語に現れる空間把握――認知と類型の関係を問う』(日本独文学会研究叢書112)51-65. 2016. [原稿]
 ......

著書など
サッカーを楽しむドイツ語』三修社. 2018.
耳から学ぶドイツ語』(共著)三修社. 2018. [音声ページ]
総合学習・異文化理解のドイツ語』朝日出版社. 2016.
異文化理解のための初級ドイツ語文法』朝日出版社. 2014.
CD付き ドイツ語ベーシック・コース [改訂版]』(共著)三修社. 2013. [音声ページ]
CD付き ドイツ語ネクスト・ステージ』(共著)三修社. 2013. [音声ページ]
アクセス和独辞典』(共著)三修社. 2012.
アクセス独和辞典 第3版』(共著)三修社. 2010.
『CD付き ドイツ語ベーシック・コース』(共著)三修社. 2008.
『新アクセス独和辞典』(共著)三修社. 2003.
 ......

口頭発表・講演など
Wie dialogisch ist ein Dialog? Gespräch als Schnittstelle von Sprache und Kultur. (9. Internationale Konferenz der Deutschen Gesellschaft für Kognitive Linguistik: 'Kognitive Linguistik als interdisziplinäres Paradigma: Theoretische und methodologische Herausforderungen', 2.3.2022, Universität Erfurt [digitales Format])
「ドイツ語の基本語彙と基本語彙でカバーできないもの」(京都ドイツ語学研究会第102回例会,2020年12月12日,Web開催)
「ドイツ語学習基本語彙をめぐって――現状・課題・実践」(東北大学高度教養教育・学生支援機構ドイツ語教育ワークショップ「ドイツ語の学習基本語彙と文法」2020年2月7日,東北大学)
「翻訳から見えてくる日本語らしさ――日独語の出来事の捉え方をめぐって」(東京外国語大学国際日本研究センター「外国語と日本語との対照言語学的研究」第28回研究会, 2019年9月28日,東京外国語大学)[ハンドアウト]
「心態詞の義務性をめぐって――実証的アプローチ」(日本独文学会2016年秋季研究発表会シンポジウム「心態詞はなぜ使われるのか?――心態詞の出現する状況と認知」2016年10月23日,関西大学)
Perspektivische Interaktion - Ein deutsch-japanischer Vergleich. (Siebte Internationale Konferenz der Deutschen Gesellschaft für Kognitive Linguistik: 'Cognitive Approaches to Interaction and Language Attitudes', 7.10.2016, Universität Duisburg-Essen)
Intersubjektivität am Beispiel von Modalpartikeln.(日本独文学会第44回語学ゼミナール, 2016年8月31日, 多摩永山情報教育センター)
Intersubjektivität im Sprachvergleich. (Japanisch-deutscher Workshop Linguistik. Die Architektur von Grammatik und Pragmatik im Japanischen und Deutschen, 22.8.2015, Ludwig-Maximilians-Universität München)
「空間把握と間主観性」(日本独文学会2015年春季研究発表会シンポジウム「ドイツ語と日本語に現れる空間把握――認知と類型の関係を問う」2015年5月30日,武蔵大学)
「言語的主観性・間主観性と翻訳」(静岡大学人文社会科学部翻訳文化研究会第27回例会,2015年5月21日,静岡大学)
 ......

その他,エッセイなど
「ドイツサッカーとのつきあい方」『ラテルネ』121号, 同学社, 12-13. 2019. [原稿]
サッカーを楽しむドイツ語』 三修社. 2018. [まえがき]
耳から学ぶドイツ語』 三修社. 2018. [まえがき]
総合学習・異文化理解のドイツ語』朝日出版社. 2016. [まえがき]
異文化理解のための初級ドイツ語文法』朝日出版社. 2014. [まえがき]
CD付き ドイツ語ベーシック・コース[改訂版]』三修社. 2013. [まえがき]
CD付き ドイツ語ネクスト・ステージ』三修社. 2013. [まえがき]
「修了生メッセージ」2006.(東京外国語大学「大学院地域文化研究科博士前期・後期課程案内2007」に寄せて)[原稿]
「レストラン・アクセスへようこそ」2003.(『新アクセス独和辞典』カタログに寄せて)2003. [PDF]
「lebensgroß――午後の研究室と等身大のドイツ語学習」『Brunnen』Aug. 2002 (Nr. 416), 郁文堂, 9-11. 2002. [原稿]
 ......

Webサイト
  ドイツ語の空き地
  ドイツサッカーの空き地