DFB-Pokal - DFBポカール

DFBポカール(DFB-Pokal)はドイツサッカー連盟(DFB)が主催する国内最大のカップ戦。アマチュアチームも含め,トーナメント方式の一発勝負によりカップ戦勝者(Pokalsieger)を決定する。なお,ポカール(Pokal)は「カップ」の意味で,日本語ではDFBカップ,ドイツカップなどと呼ばれることもある。

●プロ・アマの壁を超えた戦い
ブンデスリーガのすべてのチームが1回戦から参加することになっている。ブンデスリーガのチームが格下のチームに足をすくわれることもあり,それがこの大会の魅力でもある。

1回戦には計64チームが参加する。2008/2009年シーズンに3部リーグ(3. Liga)が導入されたことに伴い,2009/10年シーズン以降の参加チームは次のとおり。まず先行するシーズンのブンデスリーガ1部(18チーム)・2部(18チーム)の計36チーム,3部リーグの上位4チーム,および21に分かれる州サッカー連盟(Landesverband)のカップ戦優勝チームの計61チーム。残った3枚の切符は,DFBの統計に基づきチーム数の多い地方連盟に分配される(具体的にはバイエルン,ヴェストファーレン,ニーダーザクセン)。すべての州連盟はアマチュアチームを少なくとも一チーム出場させなければならない。

●大会日程・方式
リーグ戦と平行して行われ,夏の終わりに1回戦(1. Hauptrunde)が始まり,翌年の春に決勝(Finale)が行なわれる。特徴的なのは,ホーム&アウェー方式ではなく,ノックアウト方式(K.o.-System)の一発勝負で争われるという点。また,特定の会場が使用されるのは決勝だけで(ベルリン),対戦チームのいずれかのホームスタジアムが使用される。特に1・2回戦は必ず格下のチームがホームの権利(Heimrecht)を得ることになっている。

≪1回戦・2回戦≫ 対戦カードを決める抽選(Auslosung)のくじ引きには二つの箱が用意される。一方はブンデスリーガチーム用のもの(32チーム分)で,もう一方はアマチュアチーム用のもの(32チーム分)。つまり,1回戦は原則としてプロチームとアマチュアチームの対戦になる。なお,ブンデスリーガ1部・2部を合わせると18×2=36チームだがが,このうち3部リーグから昇格した3チーム(あるいは2チーム)および2部の15位(あるいは15位・16位)のチームはアマチュアのグループに入る。アマチュアチームの方が常にホームの権利を得る。2回戦も同様だが,数が合わない場合は,前年度の成績に基づき振り分けられる。
 
≪3回戦,準々決勝,準決勝≫ 組み合わせの抽選の際にプロとアマの区別はなくなる。ただし,プロチームとアマチュアチームが対戦する場合は,アマチュアチームの方が常にホームの権利を得る。
 
≪決勝≫ 毎年ベルリンのオリンピアシュタディオンで行なわれている。


●DFBとは?
Deutscher Fusball-Bund〈ドイツサッカー連盟〉の略で,ドイツ国内のサッカークラブを統括するサッカー連盟。本部所在地はフランクフルト。日本でこれに相当するのはもちろん日本サッカー協会(JFA)で,日本との対比で言えば,Jリーグはブンデスリーガに,天皇杯はDFBポカールに相当する。また,日本では,リーグ所属チームだけで争ういわゆるリーグカップ(ナビスコカップ)が行われているがが,ブンデスリーガでは行われていない。

近年のDFBポカール優勝チーム
 2016/2017  ???
 2015/2016   バイエルン・ミュンヘン 
 2014/2015  ヴォルフスブルク
2013/2014  バイエルン・ミュンヘン 
2012/2013 バイエルン・ミュンヘン
2011/2012 ドルトムント
2010/2011 シャルケ
2009/2010 バイエルン・ミュンヘン
2008/2009 ブレーメン
2007/2008 バイエルン・ミュンヘン
2006/2007 ニュルンベルク


Nach dem Spiel ist vor dem Spiel.(Sepp Herberger)
試合のあとは試合の前だ。


Home | Next>>