文法15 接続法

 

---

 

これまで学んできた動詞の形態は,(命令文の場合をのぞき) 直説法と呼ばれるものである。ドイツ語の動詞にはさらに接続法という形態があり,「ある人が…と言っている」という文脈や,「…と仮定してみると」といった文脈で用いられる。接続法には第 1 式と第 2 式があるが,この課では,日常での使用頻度を考えて,第 2 式の方だけを取り上げる。

 

§1 接続法第 2

接続法第 2 は,動詞の過去基本形に次の接続法語尾を付けて作る。不規則動詞は,ウムラウトできる場合,ウムラウトさせる。

 

  ich     e

  du     est

  er      e

  wir    en

  ihr     et

  sie     en

*ただし,過去基本形が -e で終わっている場合,e を重ねて付けることはしない。

 

   sein  (過去 war)

 

   haben  (過去 hatte)

  ich     wäre

  du     wärest

  er      wäre

  wir    wären

  ihr     wäret

  sie     wären

 

  ich     hätte

  du     hättest

  er      hätte

  wir    hätten

  ihr     hättet

  sie     hätten

 

 werden  (過去 wurde)

 

 können  (過去 konnte)

  ich     würde

  du    würdest

  er      würde

  wir    würden

  ihr    würdet

  sie     würden

 

  ich     könnte

  du     könntest

  er      könnte

  wir    könnten

  ihr     könntet

  sie     könnten

*wäre, hätte, würde, könnte など,ich のときの形を接続法第 2 式基本形と呼ぶことがある。

 

§2 接続法第 2 式の用法:非現実話法

「もし…だったら,…だろうに」のように,ある事柄を現実でないものとして述べる場合 (非現実話法),接続法第 2 式を用いる。

 

    Wenn ich Zeit hätte, könnte ich ins Kino gehen.  時間があったなら,私は映画を見に行けるのに。

 

sein, haben, 話法の助動詞などをのぞけば,日常的には,動詞がそのまま接続法第 2 式で用いられることは少なく,werden の接続法第 2 würde <…だろう> と組み合わせて用いられることが多い。

 

    Wenn ich zwei Flügel hätte, würde ich zu dir fliegen.  2 枚の翼があったなら,私はあなたのところに飛んでいくだろうに。

    【参考】 Wenn ich zwei Flügel hätte, flöge ich zu dir.  (訳は同上)  (文語的)

 

接続法第 2 式の用法にはいくつかのバリエーションがある。

 

    An deiner Stelle wäre ich vorsichtig.  君の立場だったら私は気をつけるだろう。          wenn 文なし】

    Wenn ich doch Klavier spielen könnte !  ピアノが弾けたらなあ。                                   wenn 文のみ】

    Könnten Sie mir bitte das Salz reichen ?  塩を取っていただけませんか。                          【控えめな表現】

    Ich fühlte mich, als ob ich auf Wolken wäre.  私はまるで雲の上にいるように感じた。     als ob 文】

 

---

 

【補足】

「もし (あの時) …であったなら,…だっただろうに」のように,以前の事柄について接続法で述べる場合,完了形と接続法を組み合わせる。

 

    Wenn ich Zeit gehabt hätte, wäre ich ins Kino gegangen.  時間があったなら,私は映画を見に行っていただろうに。

 

「…だったら」という条件文で,接続詞 wenn を用いずに,定動詞を文頭に置く場合がある。ただし,文語的。

 

    Hätten wir doch Zeit ! (= Wenn wir doch Zeit hätten !)  私たちに時間があればなあ。

 

---

前のページに戻る場合は,ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。