文法14 関係文

 

---

 

例えば「喫茶店」という名詞を修飾するのに,「新しい喫茶店」のように形容詞を用いることもできるが,「私たちがいつも会う喫茶店」のように文を用いることも可能である。このように文で名詞を修飾する場合,ドイツ語では,英語と同様,関係代名詞を用いる。関係代名詞で導かれた,名詞を修飾する働きを持つ文を関係文と呼ぶ。

 

§1 定関係代名詞

定関係代名詞は特定の名詞 (先行詞) 関係文を結びつける働きを持つ。関係代名詞の形は,先行詞の性・数および関係文中での役割によって決まる。

 

 

男性

女性

中性

複数

1

2

3

4

der

dessen

dem

den

die

deren

der

die

das

dessen

dem

das

die

deren

denen

die

*ほぼ定冠詞と同じ!

§2 関係文

関係代名詞の性・数は,先行詞の性・数と一致し,は,その関係代名詞が関係文の中で担う役割に応じて決まる。関係文では,関係代名詞を文頭に,定動詞を文末に置く。

 

    die Katze, die auf dem Sofa schläft  ソファーで眠っているネコ

              【女性;1 格】       定動詞文末

    der Wein, den wir gestern getrunken haben  私たちが昨日飲んだワイン

              【男性;4 格】                定動詞文末

 

前置詞とともに用いられる関係代名詞は,「前置詞+関係代名詞」の形で関係文の最初に置く。

 

    die Frau, mit der Frank gerade spricht  フランクが今話をしている女性

                  【女性;3 格】       定動詞文末

 

関係代名詞の 2 (英語の関係代名詞 whose に相当) は,「関係代名詞+名詞」の形で関係文の最初に置く。関係代名詞の性・数は,これまでと同様,先行詞の性・数と一致する。

 

    die Kinder, deren Eltern anwesend sind  両親が出席している子どもたち

                【複数;2 格】            定動詞文末

*Eltern die などの冠詞類は付かない!

関係文は必ずコンマで区切る。

 

    Die Frau, mit der Frank gerade spricht, ist Erika.  フランクが今話をしている女性はエーリカだ。

 

§3 不定関係代名詞

不定関係代名詞 wer <…する人> was <…すること (もの)> は,特定の先行詞なしで用いられる。

 

    Wer etwas weiß, soll die Hand heben.  何か知っている人は手を挙げてほしい。

    Du kannst machen, was du willst.  君はやりたいことをやってよい。

 

不定関係代名詞 wasは,das, alles, etwas, nichts などの不定代名詞とともに用いられることが多い。

 

    Das ist alles, was ich weiß.  それが私の知っているすべてです。

 

§4 関係副詞

先行詞が「場所」の場合,関係副詞 wo が用いられることもある。

 

    Das ist das Café, wo (=in dem) wir uns immer treffen.  これが私たちがいつも会う喫茶店です。

 

---

 

【補足】

名詞を修飾するのに現在分詞や過去分詞を用いることもできる。現在分詞は,不定詞に -d を付けて作る (例:schlafen <眠る> schlafend)。形容詞と同じ格語尾を付けて用いる。

 

    die schlafende Katze  眠っているネコ 【現在分詞+格語尾】

    ein zerbrochenes Spielzeug  壊れたおもちゃ 【過去分詞+格語尾】

 

現在分詞や過去分詞を含む句が,名詞の前に置かれてその名詞を修飾することがある (冠飾句)。冠飾句内の語順は日本語と同じになる。ふつう書き言葉でしか用いられない。

 

    die auf dem Sofa schlafende Katze  ソファーの上で眠っているネコ

 

---

前のページに戻る場合は,ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。