文法13 zu 不定詞句

 

---

 

§1 zu 不定詞句

不定詞の直前に zu を置いたものを zu 不定詞と呼ぶ (英語の to 不定詞に相当)。分離動詞では,分離前つづりと基礎動詞部分の間に zu を置く。

 

gehen         行く

zu gehen

ausgehen    外出する

auszugehen 【分離動詞】

 

zu 不定詞句は,語句を日本語と同じ順序に並べ,いちばん右に来た動詞要素の直前に zu を置いて作る。

 

    mit Petra ins Kino zu gehen  ペトラと映画に行く (こと)

    mit Petra auszugehen  ペトラと外出する (こと)

    mit Petra ausgehen zu können  ペトラと外出できる (こと)      【話法の助動詞】

    mit Petra ausgegangen zu sein  ペトラと外出した (こと)         【完了形】

 

§2 zu 不定詞句の用法

主語目的語として。

 

    Kuchen zu backen[,] macht mir viel Spaß.  ケーキを焼くのは私にはとても楽しい。

    Es macht mir viel Spaß, Kuchen zu backen.  (同上)

*es zu 不定詞句を指す。

    Frank versuchte[,] mir zu helfen.  フランクは私を助けようとしてくれた。

    Ich freue mich darauf, mit Petra ins Kino zu gehen.  私はペトラと映画に行くのを楽しみにしている。

*darauf zu 不定詞句を指す。

 

【参考】 以前の正書法では,zu 不定詞句は原則としてコンマで区切っていた。現在の正書法では,コンマを打つかどうかは原則として書き手の判断に委ねられている。ただし,zu 不定詞句を指す es, das, daran, darauf などの語がある場合は,現在の正書法でも必ずコンマを打つ。

 

名詞を修飾して

 

    Hast du Lust[,] mit uns ins Café zu gehen ?  私たちと喫茶店に行く気がありますか。

 

副詞的に

 

    Frank geht in die Stadt[,] um einzukaufen.  フランクは買い物をするために町へ行く。 umzu 不定詞】

    Petra sieht fern[,] statt zu arbeiten.  ペトラは働かずに (その代わりに) テレビを見ている。 [an]stattzu 不定詞】

    Ohne zu zögern[,] sprang Frank ins Wasser.  ためらうことなくフランクは水の中に飛び込んだ。 ohnezu 不定詞】

 

---

 

【補足】

es の用法には次のようなものがある。

  (1)  非人称主語として

 

       Es regnet.  雨が降っている。       【自然現象】

       Es ist drei Uhr.  3 時です。       【時間表現】

       Es friert mich.  私は寒い。           【生理現象】

 

【参考】 最後の用法では,文頭以外ではふつう es は現れない。例:Mich friert.

 

  (2)  dass 文や zu 不定詞句を指して

 

       Es freut mich, dass ich dir helfen kann.  君の手助けができてうれしい。

       Es freut mich, dir helfen zu können.  (同上)

 

---

前のページに戻る場合は,ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。