文法9 現在完了形

 

---

 

ドイツ語には,過去の事柄を表わすのに過去形と現在完了形の 2 つの手段がある。ただし,英語とは異なり,日常会話では現在完了形を用いる方が一般的である。また,ドイツ語の現在完了形は,gestern <昨日> など,過去の時点を表わす語句とともに用いることができる。

 

§1 過去分詞の作り方

現在完了形には動詞の過去分詞が用いられる。

a)  規則動詞:過去分詞= ge-+語幹+-t

 

不定詞

 過去分詞

lachen     笑う

gelacht

weinen    泣く

geweint

 

b)  不規則動詞 (辞書などの不規則動詞変化表を参照。)

 

不定詞

 過去分詞

不定詞

 過去分詞

essen      食べる

gegessen

bringen  持って行く

gebracht

gehen      行く

gegangen

denken   思う

gedacht

 

分離動詞は基礎動詞部分を過去分詞にする。

 

不定詞

 過去分詞

auf|machen   開ける

aufgemacht      【分離前つづり+規則動詞】

aus|gehen     外出する

ausgegangen    【分離前つづり+不規則動詞】

 

語頭にアクセントがない動詞は過去分詞で ge- を付けない。

 

不定詞

 過去分詞

besúchen  訪問する

besucht           【非分離動詞】

studíeren   大学で学ぶ

studiert           -ierenで終わる動詞】

 

§2 完了の不定詞

「…した」という意味の完了の不定詞は,「過去分詞+haben (一部sein)」によって作る。

 

 …した

 過去分詞+haben

 

笑っ

gelacht haben

(< lachen笑う)

泣い

geweint haben

(< weinen泣く)

 

自動詞のうち,次のものは sein によって完了の不定詞を作る。

 

  a)  場所の移動を表わす動詞: gehen 行く,  kommen 来る  ......

  b)  状態の変化を表わす動詞: werden …になる,  sterben 死ぬ  ......

  *これ以外に sein <…である>, bleiben <とどまる>, begegnen <出会う> sein によって完了形を作る。

 

§3 現在完了形の文

現在完了形の文は,語句を日本語と同じ順序に並べ,いちばん右に来た動詞要素を主語に合わせて定形にし,平叙文であれば 2 番目に置いて作る。結果的に,完了の助動詞 haben / sein と過去分詞による枠構造が形成される。

 

    ペトラは    たくさん    笑った。

      Petra      viel      gelacht haben

 

    Petra  hat  viel  gelacht. 【完了の助動詞;過去分詞】

 

haben の場合】

  ich   habe ...    gelacht

  du    hast ...     gelacht

  er    hat ...       gelacht

  wir  haben ... gelacht

  ihr   habt ...    gelacht

  sie   haben ... gelacht

 

sein の場合】

  ich   bin ...     gegangen

  du    bist ...     gegangen

  er    ist ...       gegangen

  wir  sind ...    gegangen

  ihr   seid ...    gegangen

  sie   sind ...    gegangen

 

疑問文などの語順に関しては,これまでと同様。

 

    Hat Petra viel gelacht ?  ペトラはたくさん笑いましたか。                   【決定疑問文】

    Warum hat Petra plötzlich gelacht ?  なぜペトラは突然笑ったのですか。 【補足疑問文】

    Ich weiß, dass Petra gelacht hat.  私はペトラが笑ったことを知っている。 【副文】

 

---

前のページに戻る場合は,ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。