文法8 再帰代名詞,再帰動詞

 

---

 

§1 再帰代名詞

ドイツ語の再帰代名詞 ( oneself) は,1 人称,2 人称は通常の人称代名詞と同じ形で,3 人称だけが sich という特別な形になる。

 

 

 ich

 du

 er  sie  es

 wir

 ihr

 sie

3

 mir

 dir

    sich

 uns

 euch

 sich

4

 mich

 dich

    sich

 uns

 euch

 sich

*敬称の 2 人称 Sie の再帰代名詞は,3 人称複数を転用し,sich となる (小文字書き)

 

再帰代名詞は,まず一般的な動詞の目的語として,あるいは前置詞の目的語として用いられる。

 

    Er wärmt sich am Ofen.  彼はストーブで体を温める。(He warms himself at the stove.)

 

    Er ist außer sich vor Freude.  彼は喜びのあまり我を忘れている。(He is beside himself with joy.)

 

【参考】辞書の成句の説明などでは,再帰代名詞の代表形としてsichが用いられる (例:außer sich sein「我を忘れている」)

 

§2 再帰動詞

再帰代名詞と結びついて,特定の意味を表わす動詞がある。再帰動詞と呼ばれる。

 

 sich4 setzen 座る

*sich4 の右上の数字は 4 格であることを示す。

 

  ich   setze  mich

  du    setzt  dich

  er    setzt    sich

  wir  setzen  uns

  ihr   setzt  euch

  sie   setzen  sich

 

    Frank setzt sich unter den Baum.  フランクは木の下に座る。

 

    sich4 freuen  喜ぶ

    Frank freut sich sehr über das Geschenk.  フランクはプレゼントをとても喜ぶ。

 

【参考】 再帰代名詞は,一般に不定詞句の先頭に置かれる (例:sich unter den Baum setzen 木の下に座る)。平叙文で定動詞が 2 番目に来る場合は,上例のように,定動詞に近い位置に置かれる。

 

数は少ないが,3 格の再帰代名詞とともに用いられる動詞もある。

 

    sich34 an|sehen  4 (じっくり)見る

    Petra sieht sich die Kleider im Schaufenster an.  ペトラはショーウインドーのドレスを見る。

 

    sich34 vor|stellen  4 を想像する

    Das kann ich mir nicht vorstellen.  そんなことは私には想像できない。

 

---

 

【補足】

再帰代名詞 sich は,「お互いを<>」という意味でも用いられる。

 

    Anna und Peter lieben sich.  アンナとペーターはお互い愛し合っている。

 

「所有の 3 格」は,再帰代名詞の場合もある。

 

    Anna wäscht sich die Hände.  アンナは (自分の) 手を洗う (←アンナは 自分に手を洗う)  *sich 3

 

---

前のページに戻る場合は,ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。