文法7 話法の助動詞

 

---

 

§1 話法の助動詞

話法の助動詞は本動詞に許可,可能,義務などのニュアンスを添える。

 

 

dürfen

…してよい

können

…できる

müssen

…しなければならない

wollen

…するつもりだ

sollen

…すべきだ

mögen

…かもしれない

ich

du

er

wir

ihr

sie

darf

darfst

darf

dürfen

dürft

dürfen

kann

kannst

kann

können

könnt

können

muss*

musst*

muss*

müssen

müsst*

müssen

will

willst

will

wollen

wollt

wollen

soll

sollst

soll

sollen

sollt

sollen

mag

magst

mag

mögen

mögt

mögen

*旧正書法では muß, mußt, müßt

 

話法の助動詞を用いた文は,語句を日本語と同じ順序に並べ,いちばん右に来た動詞要素を主語に合わせて定形にし,平叙文であれば 2 番目に置いて作る。結果的に,話法の助動詞と本動詞による枠構造が形成される。

 

    ペトラは とても上手に ピアノを 弾くことが できる。

     Petra   sehr gut   Klavier  spielen  können

 

    Petra  kann  sehr gut  Klavier  spielen. 【話法の助動詞;本動詞】

*本動詞は不定形のまま!

疑問文などの語順に関しては,これまでと同様。

 

    Kann Petra Klavier spielen ?  ペトラはピアノを弾けますか。                                                   【決定疑問文】

    Wann kann Petra für uns Klavier spielen ?  いつペトラは私たちにピアノを弾いてくれることができますか。【補足疑問文】

    Ich weiß, dass Petra Klavier spielen kann.  私はペトラがピアノを弾けることを知っている。    【副文】

 

mögen は,話法の助動詞 (「…かもしれない」) としてはあまり用いられないが,「…が好きだ」という意味の本動詞としてよく用いられる。

 

    Frank mag Süßigkeiten.  フランクは甘いものが好きだ。

 

mögen の変化した形 (厳密には文法 15 で学ぶ接続法第 2 式の形) である möchte は,「…したい」という意味の助動詞としてよく用いられる。

 

   möchte  …したい

  ich   möchte

  du    möchtest

  er    möchte

  wir  möchten

  ihr   möchtet

  sie   möchten

 

    Ich möchte Kaffee trinken.  私はコーヒーが飲みたい。

 

話法の助動詞には,いくつかの意味のバリエーションがある。

 

    müssen  …に違いない

    Petra muss sehr glücklich sein.  ペトラはとても幸せに違いない。

 

    können  …でありうる

    Frank kann jeden Augenblick kommen.  フランクは今にも来るかもしれない。

 

---

 

【補足】

ドイツ語の話法の助動詞は,本動詞なしで用いられることがある。

 

    Peter kann Japanisch.  ペーターは日本語ができる。

    Ich muss zur Post.  私は郵便局へ行かなければならない。

 

未来時制は,「不定詞+未来の助動詞 werden」の組み合わせで作る。多くの場合,「…だろう」という推量の意味になる。文の作り方は話法の助動詞と同様。

 

    アンナは 君を 手伝ってくれる でしょう。

      Anna   dir   helfen   werden

 

    Erika  wird  dir  helfen.

*動詞 helfen 3 格目的語を取る。

 

---

前のページに戻る場合は,ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。