文法6 分離動詞

 

---

 

英語の go out <外出する> のように,動詞が副詞的要素と結びつき,あるまとまった意味を持つ場合がある。ドイツ語では,英語と順番が逆になり “out goとなった上,さらに一語であると見なされ “outgoのようにつづられる。これがドイツ語の ausgehen <外出する> という動詞であるが,この動詞が実際に用いられる場合,aus gehen が分離することがあるため,分離動詞と呼ばれる。

 

§1 分離動詞

文中で定形として用いられる場合,前つづりと基礎動詞部分が分離する動詞がある。そのような前つづりを分離前つづり,分離前つづりを持つ動詞を分離動詞と呼ぶ。

 

    aus|gehen 外出する  【分離前つづり+基礎動詞部分】

 

分離前つづりは必ずアクセントを持つ。 () áusgehen

 

分離動詞を用いた文は,語句を日本語と同じ順序に並べ,いちばん右に来た動詞要素を主語に合わせて定形にし,平叙文であれば 2 番目に置いて作る。結果的に,基礎動詞部分と前つづりによる「枠構造」が形成される。

 

    フランクは    今晩    ペトラと    外出する。

     Frank    heute Abend    mit Petra    ausgehen

 

    Frank  geht  heute Abend  mit Petra  aus.  【基礎動詞部分;分離前つづり】

 

基礎動詞部分が不規則動詞である場合は,やはり不規則に変化する。

 

   ab|fahren 出発する

  ich   fahre ...  ab

  du    fährst ... ab

  er    fährt ...   ab

  wir  fahren ... ab

  ihr   fahrt ...   ab

  sie   fahren ... ab

 

疑問文などの語順に関しては,これまでと同様。副文などで,分離前つづりのすぐあとに基礎動詞部分が続く場合,分離前つづりと基礎動詞部分は一語書きする。

 

    Geht Frank heute aus ?  フランクは今日外出しますか。                                              【決定疑問文】

    Wann geht Frank aus ?  いつフランクは外出するのですか。                                      【補足疑問文】

    Ich weiß, dass Frank heute ausgeht.  私はフランクが今日外出することを知っている。   【副文】

 

§2 非分離動詞

前つづりの中には分離しないものもある。次に挙げたようなこの種の前つづりを非分離前つづり,非分離前つづりを持つ動詞を非分離動詞と呼ぶ。

 

 be-, emp-, ent-, er-, ge-, ver-, zer-

 

    besuchen 訪問する  【非分離前つづり+基礎動詞部分】

    Frank besucht heute seine Großmutter.  フランクは今日おばあさんを訪問する。

 

非分離前つづりは決してアクセントを持たない。 () besúchen

 

基礎動詞部分が不規則動詞である場合は,やはり不規則に変化する。

 

   erfahren 経験する

  ich   erfahre

  du    erfährst

  er    erfährt

  wir  erfahren

  ihr   erfahrt

  sie   erfahren

 

---

 

【補足】

前つづりの中には,分離前つづりにも非分離前つづりにもなるものがある。

 

    dúrch|fahren 【分離動詞】(乗り物で・が)走り続ける

    Der Zug fährt bis Rom durch.  この列車はローマまで止まらない。

 

    durchfáhren 【非分離動詞】(乗り物である区間を)走り抜ける

    Er durchfährt den Kurs in zehn Minuten.  彼はそのコースを 10 分で走り抜ける。

 

---

前のページに戻る場合は,ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。