文法2 名詞の性と格変化

 

---

 

§1 名詞の性

ドイツ語の名詞には,男性,女性,中性という 3 種類の文法上の性がある。名詞の性に応じて冠詞の形が異なる。また,名詞を受ける代名詞も,名詞の性に応じる。

 

 

   男性名詞

   女性名詞

   中性名詞

定冠詞 ( the)

 der  Baum

 die   Blume

 das  Buch

不定冠詞 ( a, an)

 ein   Baum

 eine Blume

 ein   Buch

代名詞

    er

    sie

    es

 

§2 名詞の格変化

ドイツ語の名詞には,1 格,2 格,3 格,4 格という 4 種類のがある。それぞれ,日本語の「…が」,「…の」,「…に」,「…を」におおむね相当する。格に応じて冠詞の形が変わる。

 

 

   男性

   女性

   中性

1

 der    Baum

 die    Blume

 das    Buch

2

 des    Baum[e]s

 der    Blume

 des    Buch[e]s

3

 dem  Baum

 der    Blume

 dem  Buch

4

 den   Baum

 die    Blume

 das    Buch

*男性名詞,中性名詞の 2 格で -s または -es が付く!

 

 

   男性

   女性

   中性

1

 ein       Baum

 eine     Blume

 ein       Buch

2

 eines   Baum[e]s

 einer   Blume

 eines   Buch[e]s

3

 einem  Baum

 einer   Blume

 einem  Buch

4

 einen   Baum

 eine     Blume

 ein       Buch

*男性 1 格,中性 14 格で冠詞に語尾がない!

 

参考】男性・中性名詞の 2 格語尾 -s, -es はどちらでもいい場合が多いが,口調上の問題でどちらか一方しか使われない場合もある (例:Hauses)。辞書で確認すること。

 

格によって文中での名詞の役割が示される。

 

    Bald blüht der Baum.  やがてその木は花を咲かせる。 1 (=主語)

    Frank schenkt dem Mädchen eine Rose.  フランクはその女の子にバラを一輪贈る。 3 格,4 格】

*das Mädchen <女の子> は中性名詞!

2 は修飾する名詞のうしろに置かれる。

 

    das Blatt des Baumes  その木の葉 2 格】

    Das Blatt des Baumes wird gelb.  その木の葉は黄色になる。

*das Blatt des Baumes でひとまとまり。定動詞はそのあとの 2 番目の位置。

„A ist B.“ <A B > という場合,A B 1 格になる。

 

    Das ist ein Kirschbaum.  これはサクランボの木だ。 1 格,1 格】

*複合語ではうしろに来る基礎語 (Kirschbaum) の性がその名詞の性!

 

【参考】 名詞の文法上の性は,多くが恣意的であり,必然性がない――例えば,「太陽」はドイツ語では女性名詞 (die Sonne),フランス語では男性名詞 (le soleil),一方,「月」はドイツ語で男性名詞 (der Mond),フランス語で女性名詞 (la lune)!――。初めのうちは一つずつ覚えていくしかない。ただし,一部ではあるが,規則性も見られる。まず,生物を表わす名詞の性は,多くの場合,自然の性と一致する (例えば der Vater <父>, die Mutter <母>)。他に,酒の名称であれば男性名詞が多かったり,花の名称であれば女性名詞が多いなど。また,-e で終わると女性名詞が多いといった形態的な手がかりもある。特に次の 2 つは覚えておくとよい。

    -heit, -keit, -schaft, -ung で終わると女性名詞:die Freiheit <自由>

    -chen, -lein で終わると中性名詞:das Mädchen <女の子>

 

---

前のページに戻る場合は,ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。