【+α5】接続法第1式

 

---

 

§1 接続法第 1

接続法第 1 は,動詞の語幹に接続法語尾 (文法 15 を参照) を付けて作る。sein のみ一部不規則。

 

     kommen 来る

 

 sein …である

    ich   komme       wir    kommen

    du    kommest    ihr     kommet

    er    komme       sie     kommen

 

  ich     sei

  du     seiest

  er      sei

  wir    seien

  ihr     seiet

  sie     seien

 

§2 接続法第 1 式の用法:間接話法

接続法第 1 式は,日常の話し言葉で用いられることはほとんどなく,新聞や小説などの書き言葉で用いられるに過ぎない。

 

ある人の発言や意見を紹介的に取り上げる場合 (間接話法),接続法第 1 式を用いる (接続法第 2 式が用いられる場合もある)

 

    Peter sagte, er komme nicht auf die Party.  ペーターはパーティーに来ないと言った。

    (またはPeter sagte, dass er nicht auf die Party komme.)

    【参考】 Peter sagte: „Ich komme nicht auf die Party.“ 【直接話法】

 

…だったと言っている」のように,以前の事柄について接続法で述べる場合,完了形と接続法を組み合わせる。

 

    Peter behauptet, er sei krank gewesen.  ペーターは病気だったと主張している。

 

接続法第 1 式は,「…と言っている」にあたる表現がない場合でも用いられる。

 

    Anna war ziemlich wütend. Man habe sie nicht informiert.  アンナはかんかんに怒っていた。情報を知らせてもらえなかったというのだ。

*habe という接続法第 1 式の形により,アンナの発話内容であることが示される。

 

---

 

【補足】

接続法第 1 式は,3 人称主語に対する願望などを表わす場合がある (要求話法)

 

    Man nehme 200 g Zucker und 300 g Mehl.  砂糖 200 グラムと小麦粉 300 グラムを用いること。

 

Sie に対する命令文や wir に対する提案の表現に用いられる動詞の形も,本来,要求話法の接続法第 1 式である。

 

    Kommen Sie morgen !  明日来てください。

    Gehen wir !  行きましょう。

 

---

前のページに戻る場合は,ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。