【+α3】接続詞,副文

 

---

 

§1 並列接続詞

並列接続詞は,語句や文を並列的に結びつける。語順に影響を与えない。次のようなものがある。

 

 aber しかし,  denn というのは,  doch だが,  oder または,  und そして

 

    Anna liegt auf dem Sofa und liest ein Buch.  アンナはソファーに横になって本を読んでいる。

    Peter liebt sie, aber sie liebt ihn nicht.  ペーターは彼女を愛しているが彼女はペーターを愛していない。

 

【参考】 und および oder の前では,特に区切りを明確にしたい場合をのぞき,コンマは打たない。一方,aber などの逆接の接続詞ではコンマを打つ。

 

§2 従属接続詞と副文

従属接続詞は,主文に対して副文を従属的に結びつける。従属接続詞によって導かれる副文では,定形の動詞 (定動詞) 文末に置かれる。主文と副文の間は必ずコンマで区切る。

 

  während  …している間

    Anna deckt den Tisch, während Peter das Mittagessen kocht.  ペーターが昼食を作っている間,アンナが食卓の準備をする。

              【主文+副文(定動詞文末)

 

    Während Peter das Mittagessen kocht, deckt Anna den Tisch.  (訳は同上)

                   【副文(定動詞文末)+主文】        *副文が先行する場合,副文のすぐあと (2 番目の位置) に主文の定動詞!

 

従属接続詞には,他に次のようなものがある。

 

 als …したときに,  da …だから,  dass* …ということ,  ob …かどうか,

 obwohl にもかかわらず,  weil …であるので,  wenn …するときに

 *旧正書法では daß

 

    Peter sagt, dass er morgen nicht kommt.  ペーターは明日来ないと言っている。        *dass は英語の接続詞 that に相当

    Wenn die Ferien beginnen, fahre ich an die See.  休暇が始まったら私は海へ行く。

 

【参考】 denn, weil, da はいずれも理由を表わす接続詞だが,使われ方に微妙な違いがある。

denn          【並列接続詞;定動詞の位置に影響なし】判断の根拠を補足的に付け足す。「というのは…」

weil           【従属接続詞;定動詞は文末】主文との因果関係を表わす。一般に新しい情報としての理由 (未知の理由) を示す。「…であるから」

da               【従属接続詞;定動詞は文末】相手も知っている理由 (既知の理由)を示す。「(あなたも知っているように)…だから」

なお,warum の答えに用いられるのは weil だけ。

 

間接疑問文でも定動詞が文末に置かれる。

 

    Anna fragt, wann der Bus kommt.  アンナはいつバスが来るのか尋ねる。

    Ich weiß* nicht, wer noch kommt.  誰がまだ来るのか分かりません。        *weiß 下の【補足】を参照

 

---

 

【補足】

動詞 wissen <知っている> は不規則な人称変化をする。

 

   wissen 知っている

 

  ich   weiß

  du    weißt

  er    weiß

  wir  wissen

  ihr   wisst*

  sie   wissen

 

 *旧正書法では wißt

 

---

前のページに戻る場合は,ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。