【+α2】不定詞句,否定文,命令文

 

---

 

§1 不定詞句

不定形の動詞 (不定詞) を他の語句と結びつけて句の形にする場合,不定詞を末尾に置く (語句の順序は日本語と同じ)。これを不定詞句と呼ぶ。

 

    jeden Tag Fußball spielen  毎日サッカーをする (こと)

    fleißig Deutsch lernen  熱心にドイツ語を勉強する (こと)

 

§2 否定文

一般的な否定文は,不定詞句で考えた場合,動詞[]の前に nicht を置いて作る。

 

    morgen nicht kommen  明日来ない

    Ich komme morgen nicht.  私は明日来ない。

 

    nicht Auto fahren  車を運転しない        *Auto fahrenでひとまとまり。

    Ich fahre nicht Auto.  私は車を運転しない。

 

§3 部分否定

特に否定したい語句がある場合,nicht はその語句の直前に置く (部分否定)

 

    Ich komme nicht morgen, sondern schon heute.  私は明日ではなくて,もう今日来る。

 

§4 doch / nein

否定の形の疑問文には doch / nein で答える。

 

    Trinkst du nichts ?  何も飲まないのですか。

        Doch, ich trinke etwas. / Nein, ich trinke nichts.  何か飲みます。/  何も飲みません。

 

§5 命令文

ドイツ語の命令文は,話し相手に応じて動詞の形を変えて作る。

 

 

 

 kommen 来る

 tragen 運ぶ

 

 sein …である

du に対して

 –[e] !

 Komm[e] !

 Trag[e]!

 

 Sei !

ihr に対して

 –t !

 Kommt !

 Tragt !

 

 Seid !

Sie に対して

 –en Sie !

 Kommen Sie !

 Tragen Sie !

 

 Seien Sie !

*du に対する命令文では -e のない形の方が多く用いられる。

    Kommen Sie bitte morgen !  明日来てください。

 

du e i または ie に変わる動詞では,du に対する命令文でも同様に変化する。この場合,語尾の -e は付かない。

 

 

 sprechen 話す

 lesen 読む

du に対して

 Sprich !

 Lies !

ihr に対して

 Sprecht !

 Lest !

 

§6 命令表現のバリエーション

「…しましょう」という一般的な提案の表現は,主語を wir にして,定形の動詞を文頭に置いて作る。

 

    Gehen wir !  行きましょう。

 

実際には,様々な表現形式で命令,依頼,忠告などを表わすことができる。

 

    Bitte nicht berühren !  手を触れないでください。    【不定詞】

    Vorsicht !  気をつけて!                                      【名詞】

    Schnell !  早く!                                                 【副詞】

    Du bleibst hier !  君はここにいるんだよ!              【ふつうの文で】

 

---

前のページに戻る場合は,ブラウザの「戻る」ボタンを利用してください。